2011年06月18日

1ゴール3アクション

201106181336000.jpg
一つの目的に対して3つのお土産を持ちかえるという黒井先生の教えを実践してきました。

094です。

大紀町で大台共生園さんが東日本大震災復興チャリティーコンサートをするということで行ってきました。

@ゴール目
募金をしました。
仕事の関係でしやなあかんて状況によくなりますが、自らの意志でしました。なぜかというと、3月からおとといまでボランティアスタッフとして現地で活動していた方が今日のこのイベントの為にこちらに戻り、現在の復興状態について話されていました。
途中から、涙で声が震えていました。嘘偽りの無い涙やと判断して募金しときました。

Aゴール目
珍しく町長の話を聞きました。

昔から、校長の話や来賓の挨拶は華麗にスルーするタイプでしたが、珍しく真剣に聞きました。

共生園(きょうせいえん)を「きょうしぇいえん」て発音しちゃうサ行が苦手なおじいちゃん町長でしたが、勉強になりました。

町長は、今年70歳らしい。俺は今年30歳。

長っ!俺の余生長っ!

て思いました。

あと40年あります。

40年あれば、できやんことないやろう!ていう気持ちが芽生えました。

逆に何もせんとだらだら歳をとり、気付けばじいさんに!っていう状態だけは避けたいと思った。

人生は、何かを成すには短くて、何もせんかったら長すぎるって誰かが言うてた事を思い出しました。

Bゴール目
これは@Aの複合。
今まで僕は、震災について他人事でした。いや今でも他人事です。テレビでちらっと見てえぐいなぁとは思いますが、他人事です。

親戚は、皆西日本なんで身内もいません。

正直関係ないのにそこまで熱くなれる人の気持ちが分かりません。

まるでボランティアや募金をする人が善で何もせん人が悪みたいな風潮が嫌で知らんふりをしてました。

中にはボランティアをPRに使うズル賢いやつもおりますからね。

でも今日の方の涙ながらの話は、感動した。

町長の歳まで後40年もある…

そうだ!
現地に行こう!

て事で現地を見に行きます。ボランティアじゃありません。ただ見に行きます。
その過程で手伝う事はあるかも知れませんし何かを届けるかも知れませんがとりあえず見に行きます。

現場の空気、匂い、色を自分の目で確認して自分の中にインプットしにいきます。

そしたら、それが残りの余生の40年のうちに何らかの形でアウトプットされるかも知れません。

言い方は、悪いですが、現場はかつて無いくらい悲惨な状況です。これは自分の目でみとかなあきません!

自分の言葉でこの震災を語れるようにならなあかん。

仕事の都合つけて家族総出で夏の思い出作りに行きますか?(笑

それとも三重県フットサル界のカリスマFUNOさんの出張個サルを現地でしてもらってFUNO選抜対現地の方々のガチンコフットサル対決してもらおか。

もちろんジュースマッチで(笑)

そしたら念願のFUNOエースにも乗れるし一石二鳥やし(笑

まぁとりあえず見に行こう!行きたい人は一緒にどう?
posted by 094 at 15:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。